とうさん、がんばるぞ!  日本大好き「とうさん」の子育て奮闘記&もろもろ。

ホワイト国除外に関し|安倍総理|韓国を「信頼できない国」と明言!

安倍総理生出演

昨日フジテレビ「日曜報道THE Prime」に各政党代表が出演し、安倍総理も生出演した。

「約束を守らない国」

今回の措置(ホワイト国除外等)について安倍総理は「『不適切な事案があった』という指摘があるが、基本的には国と国との約束を守らないという事であれば、特例的な対応をして来たことを止めるという事だ。」

不適切な事案

不適切な事案とはなんだろう。それに関してはこの番組では明確にしていない。

しかし本日ネットで放送された虎ノ門ニュースで不適切な事案に相当する話をしていた。
どういうことだろう・・・

田北真樹子氏

産経新聞の正論編集長、田北真樹子氏によると、日本は韓国への少し怪しい輸出を不審に思い、ここ数ヶ月程度追跡していた、とのことだ。

怪しいとは何か。その証拠ともとれるグラフがある。

文政権成立後、フッ化ポリイミド(有機ELディスプレーの材料、絶縁性が高いポリマー。精密電気回路を作るには必須のもの)の輸入量が激増しているのだ。
ちなみにレジストは感光材。半導体を作るのに必須。
フッ化水素はレジストで覆われた部分以外のところを溶かすためのもの。これも半導体作製に必須。
今回の中でいえば何にでも利用可能なのがフッ化ポリイミドだ。これが怪しい。

抜き打ち検査

そこで韓国の船に対し、抜き打ちで検査を実施していた。そして最終輸出先が不明な案件が見つかり、韓国政府に対しG20までを期日として回答を求めた。しかしG20でも韓国から明確な返答がなく、今回の措置に至った、というのだ。

安全保障上の大問題

これが本当なら今回の措置は明確に「安全保障上の問題」と定義できる。韓国から北朝鮮またはイランへ、軍事転用可能な部品が横流しされた可能性が高いのだ。これは日本だけの問題ではなく、世界へ影響を及ぼす話。

不適切な事案?

なぜ「不適切な事案」と言葉を濁すのか。それは韓国が全く信頼できないからだ。2国間だけで問題を提起すると日本を甘く見ている韓国は証拠をでっちあげてでもシラを切り通すだろう。これはとうさんの想像になるが、日本は証拠をつかみ、米国を巻き込んで韓国に対峙しているはずだ。この案件はもう日本だけの案件ではない。世界の「安全保障上の問題」となっているため、日本の判断だけで公にできないのであろう。

信頼できない国、韓国

そのため安倍総理は「『不適切な事案があった』という指摘があるが、基本的には国と国との約束を守らないという事であれば、特例的な対応をして来たことを止めるという事だ。」と全体的にはオブラートに包み、韓国は信頼できない(国と国との約束を守らない)国ということを強調し、特例措置をやめると発言しているのだ。

まとめ

今回の韓国ホワイト国外し。これは全世界にとっての安全保障上の問題に昇格した。日本政府はもう撤回したりはしないだろう。文政権はもはや世界の敵になりつつある。賢明な韓国人は文大統領を引きずり降ろさねばならないのではないか・・・賢明な韓国人が、多数いると思いたいが・・・

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG