とうさん、がんばるぞ!  日本大好き「とうさん」の子育て奮闘記&もろもろ。

【日本人よ、前を向け】欧米列強の大罪|まとめ|未来を創る子供達へ

前回の復習

日本は有色人種が世界で認められることを意識し、国際法を遵守し、規律正しい軍隊を持ち、残虐行為などはしなかった。しかしアメリカは日本に対し戦中も戦後もおよそ文明国とは言えない仕打ちを日本に課した・・・ここ500年の歴史を知ったうえで、日本人はどのように未来に繋いでいくべきなのだろう。
前回を読んでない方は【こちら

南京大虐殺

支那事変当時、南京を攻略した日本兵が支那兵・民間人に対し大虐殺を行ったという判決が東京裁判で確定した。「日本軍が数例の略奪や強姦を行ったことは不幸なことであった」と当時の責任者も認めている。しかし、あくまでも「数例」だ。
東京裁判で認定された虐殺者数は27万人。これほどの人数を殺すとなると殺害方法や遺体の処理などかなり計画的に行わねば出来るものではない。軍隊は車一台動かすにも許可がいるのであって、組織的に行われたのであれば命令書などが残っているはずである。それがただの一枚も出てきていない。証拠とされたのは市民や外国記者の証言だけだ。

いわゆる東京裁判:中央がウェッブ裁判長

しかも市民の証言は支那兵が通州事件で行った残虐行為や、共産パルチザンが行った残虐行為に酷似している。日本人は決して行わないであろう悪魔の所業が羅列されているのだ。

支那兵は日本軍が近づくと、軍服を脱ぎ捨て、一般人の服を奪い取り、市民に化けた。そして日本兵に対し危害を加えてくる。これを便衣兵という。便衣兵はハーグ陸戦条約でも保護の対象となっていない。そしてこの便衣兵が多く見積もって、2万人ほど処断されている。外国記者はこれを一般人の虐殺と記事にしたのか?これは国際法上全く問題ないものだ。

アメリカは懸命に日本軍の犯罪行為を探したのであるが、ほとんど発見できなかった。当然だ、日本軍は世界一軍規厳しい軍隊であったのだから。するとアメリカは日本軍の犯罪をでっちあげた。証言者に対する弁護側からの反対尋問をさせずに。
自分達が原爆で虐殺した30万人と数字を合わせるように・・・

慰安婦問題

戦後、日本軍の大罪とされる案件がもう一つある。慰安婦問題だ。
確かに、戦時、慰安婦は存在した。しかし日本軍は強制的に連れてきてはいないし、虐殺もしていない。ここでも20万人という被害者数が独り歩き(韓国のプロパガンダによるものであるが・・・)している。

アメリカ政府が2000年から2007年までの期間をかけ、ナチス及び日本帝国の悪事を暴こうと旧文書を徹底的に洗いなおした。「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」がそれである。日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。
結果はどうだったのか・・・慰安婦関連の発見は皆無だった。

IWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は報告書の序文で、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明した。

日本軍に対する「朝鮮人を強制的に性奴隷とした」という不名誉は、アメリカの調査により明確に否定されたのだ。

徹底した日本潰し

日本軍のあまりの強さに恐怖したのだろうか。
または、日本人に対する自らの犯罪行為(日本の各都市への無差別爆撃、広島・長崎への原爆投下等)に対する復讐を恐れたのか。
アメリカはその占領政策で日本人に贖罪意識の種を植え付ける。それは30に渡るプレスコード(新聞・テレビに対する言論統制)を敷く徹底さで、狡猾に行われた。そして公職追放により日本を憂う優秀な人材を社会的に葬り去った。
さらに、古事記や日本書紀を教育から排除し、神武天皇、和気清麻呂、乃木希典、東郷平八郎などの偉人を教科書から消した。
歴史を失った国は亡ぶとの格言を実行したのだ。

そしてアメリカが蒔いた種は、団塊の世代が働き盛りになるころ、見事に花が咲く。日本は自虐史観に覆われた。日本悪玉論をメディアが言い募り、日教組もその片棒を担いだ・・・

イギリスの試み

イギリスは自国が関わった植民地時代の悪行を反省し、教科書に載せ、イギリスには悪の時代があったことを若者に知らしめた。これは見てきたとおり、本当のことだ。しかし、その結果どうなったか。若者の学習意欲は低下し、労働意欲を失い、国が荒廃してきた。

国の行く末を憂えたサッチャー首相は教育改革を断行し、イギリスの歴史に虹の見える歴史教育を行った。教育改革は成功し、学習意欲は向上、誇りあるイギリスを取り戻した。

ネットの時代

本来は日本もイギリスのように自虐史観を一掃する歴史教育に舵を切るべきである。ただ、日本は自虐史観に染まった団塊の世代がわんさと存在する。政治家がこれを断行するにはもう少し時間がかかるだろう・・・。

だが、今はネットで誰でもが発信できる時代だ。マスメディアのフェイクニュースも瞬時に否定されSNSで情報が飛び交う。これを奇貨とすべきだ。
皆で一歩一歩地道に、正しい歴史、情報を広めていこう。とうさんも、日本人としての「誇り」を胸に抱く若者が増えることを願い、ブログを書いている。
その世代が教育改革を実現してくれることに期待しながら。

まとめ

日本は決して侵略国家などではない。
人種差別をし、他国を侵略したのは西欧白人だ。
日本人はそれを阻止すべく、世界で、唯ひとり、立ち上がったのだ。
とうさんは日本人として生まれたことを誇りに思う。素晴らしい国『日本』を維持し続けてくれた先人達に感謝を捧げる。そして、その素晴らしい祖国を次世代に遺したい。

日本国史に虹の見える教育を!

最後に、アジアの人々が大東亜戦争をどう捉えていたのか記載して終わりとする。

1973年にタイの首相になったククリット・プラモード氏は、「サイヤム・ラット」紙の主幹だった頃、「12月8日」と題した次のような記事を書いている。
「日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったがためである。12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して、重大な決心をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。」

「 私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声を上げました。敗れて逃げてゆくイギリス軍を見たときに、今まで感じたことのない興奮を覚えました。日本軍は永い間アジア各国を植民地として支配していた西欧の勢力を追い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、驚異の感動と自信を与えてくれました 」 アジス(マレーシア ・マラヤ大学副学長)

「インドが今日独立できたのは日本のお陰であり、それはひとりインドだけではなく、ベトナムであれ、カンボジアであれ、インドネシアであれ、旧植民地であったアジア諸国は、日本人が払った大きな犠牲によって、独立できたのである」
インド ラダ ・クリシュナン大統領

「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。真実のビルマの独立宣言は 1948年の1月4日ではなく、1943年8月1日 に行われたのであって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった」
ビルマ(現ミャンマー)バウ ・モウ 自著「ビルマの夜明け」から抜粋

日本に虹をかける!渡部昇一先生の歴史書はこちら↓↓↓

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG