とうさん、がんばるぞ!  日本大好き「とうさん」の子育て奮闘記&もろもろ。

【よくわかる】問題児韓国|対日本|「振り上げた拳」を下せない理由

日本には何をしてもいい

・戦時売春婦(日本の将校レベルの収入があった)を強制連行され性奴隷にされたことにして、「賠償しろ~」

・自ら進んで出稼ぎにきた労働者を強制連行され劣悪な環境で働かされた被害者として、「賠償しろ~」

・やばいことが見つかりそうだからレーダー照射をしておいて、「日本が異常接近してきた~~」

・・・・・なんだそりゃ・・・・・

日本には理解できないことばかり。なぜこうなるのか。4行モデルで考えると彼らの考えが見えてくる。

4行モデルとは

橋爪大三郎氏の著書「4行でわかる世界の文明(角川新書)」に詳しい。とうさんも買って読んでみた。世界でも有数の宗教を挙げ、その特色を「4行モデル」として表すという試み。

結構面白く読ませていただいた。そして、4行モデルで考えると韓国の行動も理解できそうだ・・・納得は全くできないが!

橋爪氏は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教・ヒンドゥー教・儒教の4行モデルを示し、それから日本の4行モデルを提示した。すべてのモデルを載せると営業妨害で訴えられかねないので(笑)、儒教についてみてみよう。

ユダヤ教~儒教についてはPRESIDENT Onlineの記事になっていたので載せても問題なかろう。記事はこちら⇒「キリスト教徒の人々を“4行”で理解する方法」

さて、4行モデルだが、例えばキリスト教は

(1)まず自己主張する。
(2)相手も自己主張している。
(3)このままだと、紛争になる。
(4)法律があるから大丈夫

となるらしい。他の宗教も基本的には(1)~(3)までは同じ。(4)でそれぞれの宗教独自の解決方法が提示される、というものだ。かなり簡潔なモデルで非常にわかりやすい。

儒教の4行モデル

(1)まず自己主張する。
(2)相手も自己主張している。
(3)このままだと、紛争になる。
(4)順番があるので、大丈夫。

である。順番??順番ってなんだ??

儒教による順番

わかりやすいのは家族。年長の者が一番えらい。おじいちゃんが一番、お父さんが二番、で順に兄、弟・・・。生まれた順なので確実に順番が付く。この長幼の序を大切にし、親や先祖を敬うことが「孝」である。

もう一つの順番、それは試験の成績。皇帝のような一番偉いものが居て、それが科挙(支那や朝鮮の官僚を選ぶ試験)を行い、順位をつける。そして官僚となるとその官位が序列となる。序列が上の官位には絶対服従。これが「忠」。

日本にも「孝」や「忠」という概念はあるが、それは日本文化に同化し、それほど苛烈なものではない。「孝」や「忠」は守られれば美しいもの、という感覚だろうか。

しかし、支那や朝鮮の「孝」や「忠」は激烈である。それに絶対服従なのだ。順位が上の者が間違ったことをしても順位が下の者は従わねばならない。そのために嘘を付くことも許される。いや、嘘を付いてでも守らねばならない。

これを日本は取り入れなかった。「忠」の概念は取り入れたが、間違ったことを行う上位者に唯々諾々と従うことはしなかった。激烈な封建社会と思われる江戸時代でも、お殿様が間違ったことをすると家臣は「主君押込」を行った。主君を閉じ込めて改心するまで監禁するのだ。

しかし、支那・朝鮮では「序列・順位・順番」は絶対的価値観であった。したがって順番が下の者は上位者が間違ったことを言ったとしても「絶対に」従わねばならないのだ。

韓国の行動

・戦時売春婦(日本の将校レベルの収入があった)を強制連行され性奴隷にされたことにして、「賠償しろ~」
・自ら進んで出稼ぎにきた労働者を強制連行され劣悪な環境で働かされた被害者として、「賠償しろ~」
・やばいことが見つかりそうだからレーダー照射をしておいて、「日本が異常接近してきた~~」
・ 自国がしっかり管理できていないことを棚に上げ、「日本が輸出制限をかけてきた~~輸出制限を解除しないとGSOMIA破棄するぞ~~~~~

と日本から見るとほんとにわけがわからないことを国際社会に向け発信している。

韓国の心理

この、日本から見ると異常とも思える韓国の心理を4行モデルから分析すると・・・なるほどだ。

まず、韓国は儒教が行動様式のベースにある。韓国の宗教に占める儒教の割合は微々たるもの。しかし儒教の考え方は韓国に根強く残っている。では、韓国は日本をどう捉えているのか・・・

韓国は日本のことを「弟」、自らを古来から日本にものごとを教えてきた「兄」と考えている。大中華に近いのも朝鮮だ。この一点から見ても韓国が「兄」、日本が「弟」。順番が決まれば後は儒教の教えに従うまで。

弟が兄を超えることなど許されない。だから日本による朝鮮併合は認めることができない。日本による併合(彼らは植民地政策と呼ぶが)は条約が無効であったと言い出す始末・・・

兄の主張は間違いだろうが何だろうが、弟は認め従わねばならない。だから日本に対し、国際法に反するどのような主張をしてもいいことになっている。そして日本は従って当たり前。兄の行う犯罪行為も弟は全力でかばう必要がある。

異常にも思える韓国の行動。しかし韓国から見れば「なぜ弟である日本は兄に従わないのだ??」である。だから主張を曲げることはないし、「振り上げた拳」も下せない・・・

日本の対応

日本は「弟」ではないことを知ら示す必要がある。韓国の間違った主張に対し、金輪際甘い顔をしてはいけないのだ。毅然として突っ張ればいい。

安倍外交は「韓国はまず約束を守れ、国際法を守れ」と言い続けている。これがベストな対応だ。アメリカの横やりが入ってきても事実をしっかり説明し、安易な妥協はしないと宣言することだ。

4行モデルでは、世界の常識は「まず主張する」である。日本も世界と対等に渡り合おうと思うなら、日本の国益をしっかり「主張」せねばならない。

11/22追記

おおおおおおお・・・なんということだ!!
韓国がGSOMIA破棄撤回?!

本当に継続するなら文大統領はろうそくデモ必至だ。公約を曲げたばかりか「弟」日本に膝を屈した形になるのだから!

日本は土産を絶対やらず「ふ~~ん、延長すんの?ま、するならするでええよ」ってな感じで冷静に流しとけばよいですな。

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG