日本大好き「とうさん」の 〝つぶやき″ & ときどき FX

転換サイン|週足でのダイバージェンス|FX日記|7/17|

  • 2021年7月18日
  • 2021年7月18日
  • FX
  • 16view
FX

来週の目線

ドル円 週足 ダイバージェンス

図で分かる通り、週足で見事にダイバージェンスが起こっている。ローソク足高値切り上げに対し、RSIは切り下がり。てことは下落方向へトレンド転換が予想される。MACDも週足でデッドクロスしそう。日足はすでにデッドクロス。

これは今年1月から続いていた上昇トレンドの終了が近いと見てよいだろう。週足のMACDがデッドクロスしたら本物だ。完全な下目線でよい。来週、週足の動きには要注意!!

新たな戦略

ドル円 週足 新シナリオ

来週、週足のローソク足がピンクの三角もちあいをブレイクし、少し長めの陰線で確定したとするとかなりの下目線を考えておく必要がある。前のシナリオでは108円台後半までと考えていたが、8月のジャクソンホールでもテーパリング時期への言及がなければまだまだドル円下げてくるだろう。最悪106円台までの目線は必要。

フィボの32.8%戻しが107.950、また107.790に水平線もあるのでここが一つ目の買場か。当然ドル円ロングホールドを狙うならの話。フィボ50%戻しなら107.011、61.8%戻しなら106.070だ。

ただ、円が強いなら下落に賭ければよいのだが、決して円が強いわけではない。円安ドル安(いずれドル高はくる。金曜の株安の影響を受けてか円高傾向が強い)であるならばドル円は方向感なく推移するだろう。円高ドル高・円安ドル安、いずれにしろ方向性が同じならかなり読みにくい相場になる。そうなるとレンジを組んで時間的調整を経つつ、いずれ来るドル高へ向けて動いていく可能性もある。というかこの可能性のほうが高いか。なにしろ日本の政治家が全くもって使えないやつらばかりだから。決断力とリーダーシップに欠ける。安倍さんや岸さんはまだましかもしれないが、自民党の8割は屑だという百田氏の発言もあながち間違いではない。国家観を持ち、決断できる国会議員が出ぬ限りは難しいな。
ただ、日本は基本的に輸出で成り立つ(外貨を稼ぐためには)国であるから、円安のほうが企業にとっては良いのだろう。それがわかっていて判断できないフリをしている国会議員が多いというなら大したもんだが・・・ないだろう・・・

てことで来週の戦略

とりあえず、ロングホールドするための指値、109.500、109.222、109.000は全てキャンセル。
逆に、110.600にはショートロングホールド指値を1Lot置いておく。
106.100に1Lotロングホールド指値を置いておくか。

来週以降、時々のレジサポ等でデイトレを行っていくしかない。


FX初心者ランキング
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG